仁寿(読み)ジンジュ

  • にんじゅ

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時代の851年から854年まで、文徳(もんとく)天皇の代の元号。前元号は嘉祥(かしょう)。次元号は斉衡(さいこう)。851年(嘉祥4)4月28日改元。文徳天皇の即位と白亀・甘露の瑞祥が生じたことにより行われた(代始改元・祥瑞改元)。文徳天皇は、842年(承和(じょうわ)9)の承和の変後、廃位となった恒貞(つねさだ)親王に代わって、伯父の藤原良房(よしふさ)の推薦で皇太子になった。850年(嘉祥3)、仁明(にんみょう)天皇の崩御にともない即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「論語‐雍也」の「知者楽、仁者寿」による語。仁徳のそなわった者は心静かな生活をおくっているから寿命の長いものが多いの意から) 仁徳があって生命が長いこと。
※日本後紀‐弘仁五年(814)八月壬申「勧九農以有仁寿之喜
※本朝文粋(1060頃)一一・観賜群臣菊花詩序〈紀長谷雄〉「率土承凱楽之風。生民荷仁寿之賜」 〔董仲舒‐賢良策〕
平安時代、文徳天皇の代の年号。嘉祥四年(八五一)四月二八日に改元、仁寿四年(八五四)一一月三〇日に斉衡(さいこう)と改められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁寿の関連情報