コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂井秀至 さかい ひでゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂井秀至 さかい-ひでゆき

1973- 平成時代の囲碁棋士。
昭和48年4月23日生まれ。佐藤直男(すなお)門下。昭和60年少年少女囲碁大会小学生の部で優勝。同大会中学生の部では3連覇をはたす。平成8年全日本アマチュア本因坊戦優勝,12年には世界アマチュア囲碁選手権で優勝。13年医師国家試験に合格したが,プロ棋士をめざし編入試験をへて,飛付5段となる。関西棋院所属。16年名人リーグ入り。22年初の挑戦手合で張栩碁聖を破り,碁聖位を獲得し,8段に昇段する。兵庫県出身。京大医学部卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂井秀至の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂井秀至の関連情報