コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂合部唐 さかいべの もろこし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂合部唐 さかいべの-もろこし

さかいべの-から

坂合部唐 さかいべの-から

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
文武天皇4年(700)忍壁(おさかべ)親王,藤原不比等(ふひと)らと「大宝律令」を撰定し,禄を支給される。慶雲(きょううん)元年正五位下を追贈された。名は「もろこし」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂合部唐

生年:生没年不詳
7世紀後半~8世紀初の官人。名は「もろこし」とも読む。姓は宿禰刑部親王(忍壁皇子),藤原不比等らと共に,大宝律令の編纂に携わったが,令の選定終了に伴い,文武4(700)年6月禄を賜った。時に位階は勤大肆。慶雲1(704)年7月正五位下を贈られているから,そのころ死亡したとみられる。

(館野和己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

坂合部唐の関連キーワード文武天皇あすか官吏生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android