コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶雲 キョウウン

デジタル大辞泉の解説

きょううん〔キヤウウン〕【慶雲】

けいうん(慶雲)

けい‐うん【慶雲/景雲/×卿雲】

めでたいことの起こる前兆とされる雲。瑞雲(ずいうん)。

けいうん【慶雲】

奈良時代、文武天皇元明天皇の時の年号。704年5月10日~708年1月11日。きょううん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいうん【慶雲】

年号(704.5.10~708.1.11)。大宝の後、和銅の前。文武もんむ・元明げんめい天皇の代。きょううん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょううん【慶雲】

⇒慶雲(けいうん)

けいうん【慶雲】

日本の元号(年号)。飛鳥時代の704年から708年まで、文武(もんむ)天皇、元明(げんめい)天皇の代の元号。前元号は大宝(たいほう)。次元号は和銅(わどう)。704年(大宝4)5月10日改元。藤原京に慶雲(夕空に現れる瑞兆とされる雲)が現れたことから行われた(祥瑞改元)。694年(持統(じとう)天皇8)に飛鳥浄御原(きよみがはら)宮から藤原京への遷都が行われたが、慶雲年間にはこの新都も完成し、大宝年間に施行された「大宝律令」に基づく律令国家の基盤作りが進められた。706年(慶雲3)には王侯諸臣の山川藪沢の占有を禁じて、田租の法を改めるなどの政治改革が行われた。これを慶雲の改革という。また、新都(平城京)への遷都の計画立案も開始された。なお、高松塚古墳の築造が行われたのも慶雲年間とされている。707年(慶雲4)、文武天皇が25歳で崩御し、母の阿閇皇女(あべのおうじょ)が元明天皇として即位した。◇「きょううん」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

慶雲の関連キーワード滋賀県長浜市港町忍坂部乙麻呂大倭根子天皇阿倍宿奈麻呂小治田安麻呂田形内親王佐備大麻呂鴨吉備麻呂伊吉古麻呂阿倍安麻呂授刀舎人寮奈良時代采女枚夫多治神社穂積親王紀古麻呂佐伯百足粟田真人坂合部唐泉内親王

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶雲の関連情報