コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂士仏 さか しぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂士仏 さか-しぶつ

1327-1415 南北朝-室町時代の医師。
嘉暦(かりゃく)2年生まれ。坂十仏(じゅうぶつ)の子。坂浄快の父。北朝の歴代天皇や,将軍足利義詮(よしあきら)・義満(よしみつ)・義持(よしもち)らの侍医当代一の名声をえて民部卿法印となり,勅旨により上池(じょうち)院の号をあたえられた。応永22年3月3日死去。89歳。名は慧勇。別号に健叟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂士仏

没年:応永22.3.3(1415.4.12)
生年:生年不詳
室町前期の医者。名は慧勇,号は健叟。祖父九仏の代より京都で医を業とし,父十仏は民部卿法印(士仏も同位)。士仏の士は十一合字。後光厳・後円融・後小松天皇,室町幕府の足利義詮・義満・義持に仕え,天皇より上池院の号を賜り,貴人の療治に数々の功があったと伝えられる。長子起宗は坂氏上池院家を継ぎ,以下歴代医業を行い,幕府医官となって江戸幕末に至る。4男の浄快も医を学び,その子浄秀は盛方院の号を賜り,子孫は吉田氏を称し,これも江戸幕府医官として明治維新まで続いた。有力幕府医官の始祖として医学史上その存在は大きい。

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

坂士仏の関連キーワード室町時代南北朝坂浄運允能嘉暦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android