コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本宇頭麻佐 さかもとの うずまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本宇頭麻佐 さかもとの-うずまさ

?-? 奈良時代の武人。
神亀(じんき)元年(724)の征夷(せいい)軍にしたがった功により翌年勲六等,田2町をあたえられた。天平(てんぴょう)9年常陸守(ひたちのかみ)のとき持節副使のひとりとして陸奥(むつ)に派遣され,多賀柵(宮城県多賀城市)にいたり,玉造柵(宮城県古川市)をまもった。姓は坂下ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂本宇頭麻佐

生年:生没年不詳
奈良時代武人。氏は坂下とも書く。姓は朝臣。天平9(737)年1月常陸守のとき,蝦夷の勢力の強い男勝村(雄勝村とも。秋田県羽後町)を制し陸奥から出羽に至る直通路を開くための持節副使となり,陸奥国に派遣された。そして4月に海道や山道の蝦夷の動揺を抑えるため諸城柵を固めたときには,兵を率い玉造柵(古川市)を鎮撫した。

(館野和己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

坂本宇頭麻佐の関連キーワード生年神亀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android