コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂下 さかした

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂下
さかした

岐阜県南東部,中津川市中東部の旧町域。木曾川中流域の木曾谷の南西部にある。 1911年町制。 2005年中津川市に編入。先史時代の遺跡がみられる。農林業を主とし,中心集落には製材,繊維工場が立地。手漉き和紙が特産。裏木曾県立自然公園に属する。

坂下
さかした

三重県北部,亀山市中北部の旧村域。地名鈴鹿峠の下に位置することに由来。東海道五十三次宿場町で,京からは峠を下っての泊まり,江戸からは峠にかかる前の宿泊地として栄えた。天保年間 (1830~44) の頃は本陣3,脇本陣1を含む戸数約 300のうち,3分の1が旅籠屋であった。明治以後は交通機関の変化によりその役割を終えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の坂下の言及

【会津坂下[町]】より

…町の西半分は丘陵からなり,只見川が北流する。中心地の坂下は越後街道の宿場町として発達し,会津若松,喜多方,会津高田,柳津などからいずれも12kmほどの距離にある交通の要衝で,六斎市もたった。明治・大正期には郡役所も置かれ,大沼,河沼を合わせた両沼地方の行政・商業の中心でもあった。…

※「坂下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

坂下の関連キーワード福島県河沼郡会津坂下町上川原古川通乙福島県河沼郡会津坂下町光明寺東甲福島県河沼郡会津坂下町飯野町青木福島県河沼郡会津坂下町北小川原乙福島県河沼郡会津坂下町下四十石甲福島県河沼郡会津坂下町上窪道北乙福島県河沼郡会津坂下町上四十石甲福島県河沼郡会津坂下町上沼ノ上丙福島県河沼郡会津坂下町市中一番甲福島県河沼郡会津坂下町市中新町甲福島県河沼郡会津坂下町東南町裏甲福島県河沼郡会津坂下町中四十石甲福島県河沼郡会津坂下町西南町裏甲福島県河沼郡会津坂下町東屋敷添乙福島県河沼郡会津坂下町西屋敷添乙福島県河沼郡会津坂下町市中四番甲福島県河沼郡会津坂下町大堀川西甲福島県河沼郡会津坂下町市中三番甲福島県河沼郡会津坂下町市中二番甲福島県河沼郡会津坂下町北逆水甲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂下の関連情報