コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂正永 さか まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂正永 さか-まさのぶ

?-? 江戸時代中期-後期の和算家。
大坂の人。麻田剛立(ごうりゅう)にまなぶ。会田安明(あいだ-やすあき)と藤田貞資(さだすけ)の論争を公正な立場で批評した「二精評詮」をあらわした。寛政7年(1795)天文方になった間重富(はざま-しげとみ)らとともに算学顧問として幕府にまねかれたが,まもなく死去。姓は阪ともかく。通称は新蔵。著作に「算法学海」「基応算法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂正永の関連キーワード村井伊兵衛福田金塘武田真元福田復和算家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android