コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文方 テンモンカタ

4件 の用語解説(天文方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんもん‐かた【天文方】

江戸幕府の職名。若年寄に属し、天文・暦術・地誌・測量・洋書翻訳などをつかさどった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天文方【てんもんかた】

江戸幕府の職名。編暦をつかさどる。編暦事業は朝廷の陰陽(おんみょう)寮の所管であったが,1684年渋川春海(はるみ)が貞享(じょうきょう)暦をつくると,幕府は春海を新設の天文方に任命,以来編暦の実権は天文方に移った。
→関連項目伊能忠敬高橋景保馬場佐十郎箕作秋坪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てんもんかた【天文方】

江戸幕府の職名。天文・編暦・測量、洋書の翻訳などにあたった。司天官。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天文方
てんもんかた

江戸時代、天文、暦算に従事した幕府の職名で、司天官ともいう。1684年(貞享1)、貞享改暦(じょうきょうかいれき)の主導者、安井算哲(さんてつ)(のち渋川春海(はるみ))の就任が天文方の嚆矢(こうし)。編暦の推算を行って、平安時代以来編暦に携わってきた土御門(つちみかど)家に送る仕事をした。また、江戸の浅草、九段の司天台(天文台)を管理し、1811年(文化8)に天文台に置かれた蘭書(らんしょ)・外交文書などの翻訳、調査に従事した蕃書和解(ばんしょわげ)御用掛をも監督した。天文方としては渋川、猪飼(いかい)、西川、山路、吉田(のち佐々木)、高橋の六家が有名で、のち奥村、足立(あだち)の二家も任ぜられた。明治の太陽暦採用以降、編暦の仕事は天文暦道局から星学局、さらに現在の国立天文台に受け継がれた。[片桐一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天文方の言及

【暦】より

…これらの研究を進めるとともにみずからも観測を行い,初めて自国の暦法貞享(じようきよう)暦を作るのに成功したのが渋川春海であった。彼はその功績によって最初の天文方(てんもんかた)に登用された。貞享暦以後は宝暦暦寛政暦と次々改められ,1844年(弘化1)より最後の太陰太陽暦である天保暦が施行された。…

※「天文方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天文方の関連キーワード京都代官駿府城代数寄屋坊主馬方酒奉行進物番同朋頭武具奉行弓矢槍奉行厩奉行

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天文方の関連情報