コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文方 テンモンカタ

百科事典マイペディアの解説

天文方【てんもんかた】

江戸幕府の職名。編暦をつかさどる。編暦事業は朝廷の陰陽(おんみょう)寮の所管であったが,1684年渋川春海(はるみ)が貞享(じょうきょう)暦をつくると,幕府は春海を新設の天文方に任命,以来編暦の実権は天文方に移った。
→関連項目伊能忠敬高橋景保馬場佐十郎箕作秋坪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんもんかた【天文方】

江戸幕府の職名。天文・編暦・測量、洋書の翻訳などにあたった。司天官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天文方
てんもんかた

江戸時代、天文、暦算に従事した幕府の職名で、司天官ともいう。1684年(貞享1)、貞享改暦(じょうきょうかいれき)の主導者、安井算哲(さんてつ)(のち渋川春海(はるみ))の就任が天文方の嚆矢(こうし)。編暦の推算を行って、平安時代以来編暦に携わってきた土御門(つちみかど)家に送る仕事をした。また、江戸の浅草、九段の司天台(天文台)を管理し、1811年(文化8)に天文台に置かれた蘭書(らんしょ)・外交文書などの翻訳、調査に従事した蕃書和解(ばんしょわげ)御用掛をも監督した。天文方としては渋川、猪飼(いかい)、西川、山路、吉田(のち佐々木)、高橋の六家が有名で、のち奥村、足立(あだち)の二家も任ぜられた。明治の太陽暦採用以降、編暦の仕事は天文暦道局から星学局、さらに現在の国立天文台に受け継がれた。[片桐一男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天文方の言及

【暦】より

…これらの研究を進めるとともにみずからも観測を行い,初めて自国の暦法貞享(じようきよう)暦を作るのに成功したのが渋川春海であった。彼はその功績によって最初の天文方(てんもんかた)に登用された。貞享暦以後は宝暦暦寛政暦と次々改められ,1844年(弘化1)より最後の太陰太陽暦である天保暦が施行された。…

※「天文方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天文方の関連キーワード蕃書和解御用掛土御門泰邦厚生新編山路主住奥留種徳新屋由高青田依定遠藤盛俊渋川敬直西村遠里山路徳風吉田秀升山本時憲山本賀前佐竹義根箕作阮甫高橋至時渋川景佑北島見信山路諧孝

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天文方の関連情報