コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田貞資 ふじたさだつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田貞資
ふじたさだつぐ

[生]享保19(1734).武蔵,本田村
[没]文化4(1807).8.6. 江戸
江戸時代後期和算家。通称を彦太夫,のち権平と改める。字は子証,号は雄山または四乳主人。郷士本田親天の3男に生れ,大和新庄藩の藤田定之の養子となって定資を名のった。初め山路主住の暦作観測手伝いとして幕府に召されたが,34歳のとき,眼病のために辞し,翌年より没するまで久留米藩主有馬頼ゆき (よりゆき) に仕えた。子の嘉言 (よしとき) も著名な和算家であった。著書に『精要算法』 (3巻,1781) と『神壁算法』 (89) がある。前者は,難問主義を排して実用を重んじたもので,『塵劫記』以来の名著とされた。後者は,それまで 22年間の算額から選んだ 84問を集めたもので,続編 (1807) と同じく藤田父子の閲編として出版された。彼には全国に数百人の弟子がおり,和算の一般化に大きな影響を与えた。四谷西応寺に葬られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田貞資 ふじた-さだすけ

1734-1807 江戸時代中期-後期の和算家。
享保(きょうほう)19年9月16日生まれ。幕府天文方の山路主住(ぬしずみ)に関流をまなび,司天台暦吏となる。のち筑後(ちくご)久留米(くるめ)藩主有馬頼徸(よりゆき)につかえた。文化4年8月6日死去。74歳。武蔵(むさし)男衾(おぶすま)郡(埼玉県)出身。本姓は本田。初名は定資。字(あざな)は子証。通称は彦太夫,権平。号は雄山。著作に「精要算法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたさだすけ【藤田貞資】

1734‐1807(享保19‐文化4)
江戸中期の数学者。通称彦太夫,後に権平という。字は子証。雄山と号した。貞資は定資,または定賢とも書く。現在の埼玉県大里郡で本田家に生まれ,大和国新庄の永井家の家臣藤田定之の養子となる。山路主住に師事し,暦作観測の手伝いとして幕府に仕える。眼病のため職を辞し,後に久留米の有馬頼徸の家臣となる。有馬の援助により,優れた教科書として名高い《精要算法》(1781)を刊行する。天元術の教科書,佐藤茂春の《算法天元指南》(1698)を復刻して《改正天元指南》(1795)を刊行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田貞資
ふじたさだすけ
(1734―1807)

江戸中期の数学者。定資とも書く。また滕定賢(とうていけん)と署名することもある。通称は彦太夫、のちに権平、字(あざな)は子證、号は雄山。武蔵(むさし)国大里郡(埼玉県)の本田家に生まれ、大和(やまと)(奈良県)の新荘藩士藤田定之の養子となった。数学を山路主住(やまじぬしずみ)に学び、山路の推挙で久留米(くるめ)(福岡県)の有馬(ありま)藩士となる。藩主有馬頼(よりゆき)の援助で名著『精要算法』(1781)を著し、世に知られる。また、算額の問題を集めて『神壁算法(しんぺきさんぽう)』(1789)をまとめた。刊行されなかった著書に『変商』(1777)、『異形同解』(1781)など多数がある。最上(さいじょう)流の会田安明(あいだやすあき)が江戸・芝の愛宕(あたご)神社に掲げた算額のことで論争となり、関流と最上流の間で20年以上もの間、激論が戦わされた。子息の嘉言(1772―1828)も有馬家に仕え、親子二代にわたり多くの子弟を養成した。[下平和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤田貞資 (ふじたさだすけ)

生年月日:1734年9月16日
江戸時代中期;後期の和算家
1807年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の藤田貞資の言及

【会田安明】より

…さらに数学を学ぶために江戸へ出る。そのころ有名であった藤田貞資の弟子になろうとしたが,感情のもつれから成功しなかった。会田は藤田の著書《精要算法》(1781)を訂正した《改精算法》(1785)を出版した。…

【算額】より

…これらの額の中にはよい問題もあり,これを写し集めて本にしようという者も現れた。写本では17世紀末から,刊本では藤田貞資の《神壁算法》(1789)で,以後次々と出版された。算額の問題による論争も多く,有名なのは関流の藤田貞資と最上流の会田安明とで,前後20年以上も論戦が続いた。…

【数学パズル】より

…和紙が虫に食われやすいことに着目して,加減乗除の計算に欠落個所を作ったパズルである。図4は藤田貞資著の《精要算法》(1781)にある代表的な虫食算であるが,最初に紹介したのは久留島義太著の《算梯》(稿本のため年代不詳)であるらしい。今日の虫食算は図5‐aのような形態となり,小学生や中学生でも取り組めるようになっている。…

【和算】より

…山路家は代々天文方に勤めた。山路の弟子には,久留米藩主有馬頼徸(よりゆき)(1714‐83),安島直円(あじまなおのぶ)(1732‐98),藤田貞資(1734‐1807)らがいる。安島は山路の作暦の手伝いをし,暦学の研究にすぐれた研究を残した。…

※「藤田貞資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤田貞資の関連キーワード黒井半四郎中田高寛細川頼直小野栄重生年月日神谷定令堀田仁助会田安明岩下愛親梶山次俊石田玄圭藤田権平藤田嘉言木原貞勝早川高寧菅野元健竹内度道坂正永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android