コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均等割(り) キントウワリ

1件 の用語解説(均等割(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんとう‐わり【均等割(り)】

差のないように割り当てること。また、その割り当て。「費用を均等割りにする」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の均等割(り)の言及

【住民税】より

…54年,当時の都道府県税制度では,事業税,特別所得税,入場税および遊興飲食税による収入が税収の9割を占め,農林業には事業税が課されていないことから,これらの税はその税源を都市地域に依存していたので,都道府県民全体に負担分任を求めるため,市町村民税の税源の一部を都道府県に移譲して,ここに新たな装いのもとに再び都道府県民税が設定された。 住民税は個人と法人の両方に課税されており,個人には個人均等割と所得割が,法人には法人均等割と法人税割とが課税される。均等割は,所得の大小を問わずすべての納税者に一定金額を課す定額税である。…

※「均等割(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone