コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊門信清の娘 ぼうもん・のぶきよのむすめ

1件 の用語解説(坊門信清の娘の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

坊門信清の娘

生年:生没年不詳
鎌倉前期の女房。後鳥羽上皇の妾。内大臣信清の娘で,上皇の腹心の女房卿二位の養女。初め坊門局と称し,のち西御方と称す。院の小御所に住み,仁和寺の御室道助法親王,嘉陽門院,頼仁親王を生む。これらの子らの養育には,伯母に当たる上皇の母七条院が深くかかわっており,道助は七条院が猶子として養育した。また頼仁は卿二位が養君として育てた。後鳥羽上皇が隠岐に配流されると,付き従って隠岐に赴いたが,寛喜1(1229)年,病のためひとり帰京した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone