コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊門信清の娘 ぼうもん・のぶきよのむすめ

1件 の用語解説(坊門信清の娘の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

坊門信清の娘

生年:生没年不詳
鎌倉前期の女房。後鳥羽上皇の妾。内大臣信清の娘で,上皇の腹心の女房卿二位の養女。初め坊門局と称し,のち西御方と称す。院の小御所に住み,仁和寺の御室道助法親王,嘉陽門院,頼仁親王を生む。これらの子らの養育には,伯母に当たる上皇の母七条院が深くかかわっており,道助は七条院が猶子として養育した。また頼仁は卿二位が養君として育てた。後鳥羽上皇が隠岐に配流されると,付き従って隠岐に赴いたが,寛喜1(1229)年,病のためひとり帰京した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坊門信清の娘の関連キーワード修明門院藤原光親一文字助則一文字助宗後鳥羽院御口伝大炊御門頼実久我通光藤原範子坊門局(2)坊門信清

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone