坪井明日香(読み)つぼい あすか

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「坪井明日香」の解説

坪井明日香 つぼい-あすか

1932- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和7年1月12日生まれ。京都泉涌(せんにゅう)寺の釉彩(ゆうさい)工芸で基礎をまなび,昭和29年から富本憲吉師事。新匠会展に出品し,新匠賞,富本賞などを受賞。34年女流陶芸を結成。53年帝塚山(てづかやま)短大教授。63年第1回京都美術文化賞。平成16年日本陶磁協会賞金賞。大阪出身。自由学園卒。作品に「歓楽の木の実」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android