コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂んとする ナンナントスル

2件 の用語解説(垂んとするの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんなん‐と◦する【垂んとする】

[動サ変][文]なんなんと・す[サ変]《「なりなんとする」の音変化》その状態になろうとしている。もう少しでそれに及ぼうとする。「一〇年に―◦する歳月」
「棟梁年を経て地に傾き殆んど仆るるに―◦す」〈織田訳・花柳春話

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんなんとする【垂んとする】

( 動サ変 ) [文] サ変 なんなんと・す
〔「なりなんとす」の転。漢文訓読に由来する語〕
まさになろうとする。 「五万人に-・する大観衆」 「日没に-・するに及んで/八十日間世界一周 忠之助

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone