コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂水繁昌 たるみ しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垂水繁昌 たるみ-しげまさ

?-? 鎌倉時代の在地領主。
東大寺領播磨(はりま)(兵庫県)大部荘および志深(しじみの)荘の雑掌(ざっしょう)(役人)を兼務した。永仁(えいにん)2年(1294)東大寺に貢進する年貢300石を横領して罷免される。反乱をくりかえし,名誉悪党張本といわれた。通称は左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

垂水繁昌

生年:生没年不詳
鎌倉後期の在地領主。左衛門尉。東大寺領播磨国大部荘(兵庫県小野市)の雑掌のほか,同国志深保(三木市一帯)の雑掌も務める。永仁2(1294)年,300石の供料を押領して解任されたが,数百人の悪党を語らって荘内に乱入し,百姓の資財,米穀,牛馬を奪い取るなどの狼藉を働いて訴えられた。

(馬田綾子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

垂水繁昌の関連キーワード垂水左衛門尉鎌倉時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android