コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埃宮 エノミヤ

デジタル大辞泉の解説

え‐の‐みや【埃宮】

神武天皇東征の際、行宮(あんぐう)の置かれたとされる所。現在の広島県安芸(あき)郡府中町にあたるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えのみや【埃宮】

日本書紀に記されている、神武天皇東征の際の行宮あんぐうの地。広島県安芸あき郡府中町の総社趾・多家たけ神社・松崎八幡趾の辺りという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

埃宮の関連キーワード府中(町)聖観(2)日本書紀