コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸国 あきのくに

6件 の用語解説(安芸国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸国
あきのくに

現在の広島県西半部。山陽道の一国。上国。もと阿岐国造が支配。国府は初め西条盆地におかれたが,のち安芸郡府中町に移った。国分寺東広島市西条町。『延喜式』によれば沙田 (まよた) ,沼田 (ぬた) ,安芸,佐伯,高宮,高田,賀茂,山県の8郡があり,『和名抄』には郷 63,田 7357町余が載っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あき‐の‐くに【安芸国】

安芸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安芸国【あきのくに】

旧国名。芸州とも。山陽道の一国。現在の広島県西部。《延喜式》に上国,8郡。平安末に平氏と縁深く,知行国となったとみられる。鎌倉時代に甲斐の武田氏が守護。室町時代大内氏,ついで毛利氏が領有。
→関連項目中国地方沼田荘広島[県]三入荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

あきのくに【安芸国】

現在の広島県西半部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で山陽道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府は現在の安芸郡府中(ふちゅう)町、国分寺は東広島市西条(さいじょう)町におかれていた。1146年(久安(きゅうあん)2)に平清盛が国守となって以後、平氏の重要な知行地となった。鎌倉時代以降、小早川(こばやかわ)氏、吉川(きっかわ)氏、毛利(もうり)氏ら東国御家人が移住して在地領主制を展開。1555年(弘治(こうじ)1)に毛利元就(もとなり)が陶晴賢(すえはるかた)を破り、1566年(永禄9)には尼子(あまこ)氏の月山(がっさん)城を陥落させ、中国地方をほぼ統一した。関ヶ原の戦いののちは福島正則(まさのり)の、1619年(元和(げんな)5)からは浅野長晟(ながあきら)の所領となり、以後浅野氏が広島城を中心に支配体制を確立して幕末に至った。1871年(明治4)の廃藩置県により広島県が成立、安芸国はその県域に含まれた。◇芸州(げいしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あきのくに【安芸国】

旧国名。芸州。現在の広島県西半部。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。7世紀中ごろまでこの地域は阿岐国造の勢力下にあったが,律令体制が整備されると安芸国がつくられ,698年(文武2)には安芸国という国名がみえる(《続日本紀》)。国府は,9世紀後期ごろには安芸郡にあったといい,現安芸郡府中町に所在したことがわかるが,律令制当初から安芸郡にあったのか,それとも国分寺・国分尼寺の遺跡がある賀茂郡の西条盆地にあったのかは,結論が出ていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸国
あきのくに

広島県の西半部を占める旧国名。山陽道八か国の一、芸州(げいしゅう)ともいう。東は備後(びんご)、西は周防(すおう)、北は石見(いわみ)と各国境を接し、南は瀬戸内海に臨む。この国は大化改新以前、阿岐国造(あきのくにのみやつこ)が勢力を保ち、改新後、国が建置されると阿岐国造は凡直(おうしのあたえ)を称した。安芸国は上国、遠国(おんごく)。国府は、初め賀茂(かも)郡に置かれたという説もあるが、『和名抄(わみょうしょう)』に安芸郡とあり、9世紀後期から10世紀ごろには現在の同郡府中町の地にあったことが確認される。国内郡郷は、『和名抄』に沼田(ぬた)、豊田(とよた)、賀茂(かも)、安芸(あき)、高宮(たかみや)、高田(たかた)、山県(やまがた)、佐伯(さえき)の8郡63郷が記される。陸路には山陽道が通じ、『延喜式(えんぎしき)』によれば、東より真良(しんら)、梨葉(なしわ)、都宇(つう)、鹿附(かむつき)、木綿(ゆう)、大山、荒山、安芸、伴部(とも)、大町、種篦(へら)、濃唹(のお)、遠管(おくだ)の13駅があった。荘園(しょうえん)は8世紀末、墾田系の西大寺(さいだいじ)領牛田(うした)荘(広島市東区)もあるが、多くは11世紀中期ごろから形成され、中世荘園の基になる。高田郡三田荘、高宮(たかみや)郡三入(みいり)荘をはじめとして在地領主の所領が軸になっている。また1146年(久安2)平清盛(きよもり)が国守になって以後、平氏の重要知行国(ちぎょうこく)になったが、さらに中央の大寺や巌島(いつくしま)社などに寄進されて荘園が成立する。
 鎌倉時代になると、東国の御家人(ごけにん)が守護地頭として勢力を張り、やがて続々移住した。豊田郡沼田荘に相模(さがみ)小早川(こばやかわ)氏、佐西(ささい)郡に甲斐(かい)武田氏、山県郡に駿河(するが)吉川(きっかわ)氏、高田郡吉田荘に相模毛利(もうり)氏らが入って、守護武田、今川、山名、大内各氏の支配のもとで在地領主制を展開する。戦国末期、毛利元就(もとなり)が出て1555年(弘治1)巌島で陶晴賢(すえはるかた)を破り、1566年(永禄9)尼子(あまご)氏の本拠月山(がっさん)城を陥落させて、中国地方のほぼ全域を支配した。そして、孫輝元のとき、全国統一を果たした豊臣(とよとみ)政権下に入り、山陰山陽9か国112万石の大大名となった。
 1600年(慶長5)関ヶ原の戦いの結果、毛利氏は防長2国に削封(さくほう)され、福島正則(ふくしままさのり)が芸備両国49万石の大名として広島城に入った。1619年(元和5)正則の改易に伴い、浅野長晟(あさのながあきら)が安芸国、備後半国42万石の大名として入部し、廃藩まで存続した。浅野氏は、藩領の要所に家老給地を配し、地方(じかた)知行制による領国支配を行った。領内特産の割鉄(わりてつ)や紙、木材などに藩専売制をとった。浄土真宗の盛んな国として安芸門徒の称があり、寺院総数の58%(351寺)を真宗寺が占め、慧雲、似雲など著名な真宗学侶(がくりょ)が輩出した。また領主の好学が領内に反映され、頼春水(らいしゅんすい)、春風、杏坪(きょうへい)3兄弟や頼山陽(さんよう)(春水長子)のような町人出身の学者も活動した。1869年(明治2)版籍奉還、1871年7月廃藩置県により広島藩は広島県となり、さらに旧福山藩の備後地域を合して今日の県域となる。[土井作治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安芸国の関連キーワード安芸淡路国岩代国石見石見国薩摩国備前国安房尾張備後

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安芸国の関連情報