コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行宮 アングウ

百科事典マイペディアの解説

行宮【あんぐう】

頓宮

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんぐう【行宮】

頓宮とも書き,〈かりみや〉ともいった。天皇の諸国巡幸のとき,駐輦・宿泊のために設けられる施設・建物。平城宮・平安宮などの宮が,天皇常住のためのものであるのに対し,かりに造った宮の意。奈良時代には,巡幸に先だつ1ヵ月ほど前に,あらかじめ行程をはかって造営されるのがふつうであった。似た語句に〈行在所(あんざいしよ)〉がある。養老令の儀制令に,行幸中の天皇のことを〈車駕(きよが)〉といい,車駕の所に赴くことを,行在所にもうでるといえ,と規定している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんぐう【行宮】

〔「あん」は唐音〕
天皇が外出したときの仮の御所。かりみや。行在所あんざいしよ。こうきゅう。

こうきゅう【行宮】

あんぐう(行宮)」に同じ。 「浪の上の-は静かなる時なし/平家 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行宮
あんぐう

天皇の行幸(ぎょうこう)時の仮宮。「かりみや」とも読む。『延喜式(えんぎしき)』には、10日以上の行幸に際しては、あらかじめ造行宮使を任命すると規定している。『令義解(りょうのぎげ)』などの用法によると、行在所(あんざいしょ)が抽象的に天皇の所在をいうのに対し、行宮は具体的に仮宮そのものをさしたらしいが、のちには同じ意味に用いられた。明治以後の公式の文書では、天皇については行在所、皇后、皇太子などの行啓(ぎょうけい)中の在所は御泊所(ごはくしょ)といった。[橋本義彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の行宮の言及

【頓宮】より

…後世では行在所(あんざいしよ)という。行宮(あんぐう)ともほぼ同義であるが,滞在が比較的長期にわたる場合とくに行宮と呼ぶことが多い。斎宮(さいぐう)の京都~伊勢間の休泊所をさしてもいうことがあり,奈良~平安時代の記録にみえる。…

※「行宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

行宮の関連キーワード大阪府大阪市住吉区墨江鳥取県東伯郡琴浦町山川奈良県五條市小島町御田植祭[阿蘇]朝倉橘広庭宮出で座しの宮船上山行宮跡穴門豊浦宮後村上天皇住吉行宮跡朝倉[町]木の丸殿吉野の宮御所浦島橋本義彦土居実行錦織俊政高田新家避暑山荘泰成親王

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android