コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋身飯 うずみめし

1件 の用語解説(埋身飯の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

うずみめし【埋身飯】


広島県福山地方から尾道地方にかけての郷土料理で、秋、旬の里芋や秋えびなどの具材をしょうゆ味で煮て器に盛り、その上に新米で炊いた飯を具を覆うように盛ったもの。収穫を祝う秋祭りで作られる。◇江戸時代に倹約政治のため贅沢を禁じられていた庶民が、飯の下に具を埋めて隠しながら食べていたことがはじまりといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埋身飯の関連キーワード広島県福山市旭町広島県福山市蔵王町広島県福山市宝町広島県福山市寺町広島県福山市西町広島県福山市東町広島県福山市本町広島県福山市丸之内広島県福山市元町広島県福山市横尾

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone