贅沢(読み)ぜいたく

精選版 日本国語大辞典 「贅沢」の意味・読み・例文・類語

ぜい‐たく【贅沢】

〘名〙 (形動)
① 普通以上に金銭などを費して物ごとを行なうこと。また、必要以上のことをあれこれと望むこと。また、そのさま。
洒落本・一騎夜行(1780)二「末は女房よ我妻よと唄はせ七尋程有文は皆うそのぜいたく」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「贅沢(ゼイタク)なる奴との御叱責を蒙候哉も図難(はかりがたく)候へども」
② (金銭以外のことについて) 普通以上であること。また、そうなろうとすること。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「此男が大の贅沢屋で〈略〉小説家丈に文章の贅沢を尽した」
③ 豪華であること。高級なさま。
雪国(1935‐47)〈川端康成〉「朱塗の裁縫箱がまた贅沢なつやを見せてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「贅沢」の意味・読み・例文・類語

ぜい‐たく【×贅沢】

[名・形動](スル)
必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。「贅沢を尽くす」「贅沢な暮らし」「布地贅沢に使った服」「たまには贅沢したい」
限度や、ふさわしい程度をこえること。また、そのさま。「贅沢を言えばきりがない」「贅沢な望み」
[派生]ぜいたくさ[名]
[類語](1豪奢ごうしゃ豪勢奢侈しゃし華奢かしゃ驕奢きょうしゃ驕侈きょうしぜいおご/(2ぶん不相応不相応身の程知らず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android