コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新米 シンマイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐まい【新米】

その年新しくとれた米。収穫当年度産の米。 秋》「―の坂田は早しもがみ河/蕪村」⇔古米
《「しんまえ(新前)」の音変化》仕事・芸事などを始めてからまだ日数が少なく、それに慣れていないこと。また、その人。「新米の社員」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんまい【新米】

その年に収穫した米。 [季] 秋。 《 -のその一粒の力かな /虚子 》 ↔ 古米こまい
〔「しんまえ(新前)」の転〕 まだ始めたばかりで、その事柄に慣れていない人。新参。未熟な人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新米の関連キーワード新米刑事モース オックスフォード事件簿ツーリング・エクスプレス乾パン先生とこんぺいとうゆうひが丘の総理大臣女には向かない職業はいすくーる落書2ねじまきカギューとまどいながらゴッドハンド輝アラミス'78味いちもんめファイト先生おかみさんどんまい!きりたんぽ二十四の瞳しきゅまホカベン柏井浩三都会の森

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新米の関連情報