コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里芋 サトイモ

デジタル大辞泉の解説

さと‐いも【里芋】

サトイモ科の多年草。茎はほとんど伸びず、葉は高さ約1メートルの柄をもち、大きい卵円形。夏にまれに花が咲き、淡黄色の細長い仏炎苞(ぶつえんほう)で包まれた雄花雌花をつける。球茎葉柄を食用にする。熱帯アジアの原産で、栽培され多くの品種がある。いえのいも。はたけいも。たいも。
[補説]サトイモ科の単子葉植物にはサトイモ・コンニャクミズバショウなど約2000種があり、主に熱帯地域に分布。花は花軸が多肉質となり、柄のない花が多数密生した肉穂花序(にくすいかじょ)で、仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さといも【里芋】

サトイモ科の多年草。熱帯アジア原産。熱帯・温帯で広く栽培される。葉は長い葉柄につき、卵形で深く二裂する。球茎(芋)と葉柄は食用。日本への渡来は古く、近年までは主食とする地域もあり、また各地で重要な供え物とされた。ヤツガシラ・エグイモ・アカメイモなど品種が多い。はたけいも。いも。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

里芋 (サトイモ)

学名:Colocasia esculenta
植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

里芋の関連キーワード岡山県勝田郡奈義町里芋の胡麻味噌煮いもがらぼくと三上のずいき祭芋を洗うよう茂名の里芋祭打ち込み汁奈良のっぺ芋幹・芋茎単子葉植物御切り込み煮転がしつみっこだんご汁おしよせ肉穂花序衣被ぎ赤芽芋供え物八頭芋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里芋の関連情報