城 須美子(読み)ジョウ スミコ

20世紀日本人名事典の解説

城 須美子
ジョウ スミコ

昭和期の声楽家(ソプラノ)



生年
大正11(1922)年7月28日

没年
昭和58(1983)年11月30日

出身地
福岡県福岡市

旧姓(旧名)
小笠原

学歴〔年〕
東洋音楽学校〔昭和17年〕卒

主な受賞名〔年〕
音コン声楽部門第1位(第17回)〔昭和23年〕,文化放送音楽賞(第2回)

経歴
ディーナ・ノタルジャコモに師事。昭和18年藤原歌劇団公演で弘田龍太郎「西浦の神」の天国最高の神を歌ってデビュー、以後同歌劇団を中心に活動。45〜48年ローマでジャンネルラ・ボレルリに師事。ドンナ・エルビーラ、サントゥッツァ、アイーダ、ローエングリンのオルトルート、カルメンのメルセデスなどを演唱、35年「運命の力」日本初演でレオノーラを歌った。リサイタルのほか、48年声楽グループ“グルッポ・ディ・カステルロ”を結成。東洋音楽学校で指導。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

城 須美子
ジョウ スミコ


職業
声楽家

専門
ソプラノ

旧名・旧姓
小笠原

生年月日
大正11年 7月28日

出身地
福岡県 福岡市

学歴
東洋音楽学校〔昭和17年〕卒

経歴
ディーナ・ノタルジャコモに師事。昭和18年藤原歌劇団公演で弘田龍太郎「西浦の神」の天国最高の神を歌ってデビュー、以後同歌劇団を中心に活動。45〜48年ローマでジャンネルラ・ボレルリに師事。ドンナ・エルビーラ、サントゥッツァ、アイーダ、ローエングリンのオルトルート、カルメンのメルセデスなどを演唱、35年「運命の力」日本初演でレオノーラを歌った。リサイタルのほか、48年声楽グループ“グルッポ・ディ・カステルロ”を結成。東洋音楽学校で指導。

受賞
文化放送音楽賞(第2回) 音コン声楽部門第1位(第17回)〔昭和23年〕

没年月日
昭和58年 11月30日 (1983年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報