コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リサイタル recital

翻訳|recital

世界大百科事典 第2版の解説

リサイタル【recital】

聴衆の前で朗誦を行う意味のreciteから発生した語であるが,現在ではむしろ演奏会の一形式である独唱会または独奏会を表す音楽用語として使われている。たいていは,一人の演奏家主体となり,必要に応じて伴奏者(多くの場合ピアノ奏者1名であるが,その他の楽器や声楽アンサンブルにより数名が参加する場合もある)の出演で行われる。主体となる演奏家が2名ないし3名になる場合は,これを〈ジョイント・リサイタルjoint recital〉と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リサイタル
りさいたる
recital

独唱会、独奏会。ラテン語のrecito(朗読する)から生じた語で、詩の朗読会をさしていたが、のちに文芸や音楽などの1人で行う公開パフォーマンス(独演会)にも適用されるようになった。日本ではおもに音楽面で用いられ、演奏者1人(伴奏者を除く)の音楽会をさすが、今日では演奏者2~3人の小規模な音楽会もこの名称でよぶ傾向にある。また、複数の独奏(唱)者が合同で開くジョイント・リサイタルjoint r.の形式も存在する。なお、この語が独奏会の意で用いられた初例は、1840年6月9日ロンドンで開かれたリストのピアノ演奏会の予告においてであるといわれている。[アルバレス・ホセ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リサイタルの関連情報