コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リサイタル recital

翻訳|recital

デジタル大辞泉の解説

リサイタル(recital)

独唱会。独奏会。「ピアノリサイタル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

リサイタル【recital】

聴衆の前で朗誦を行う意味のreciteから発生した語であるが,現在ではむしろ演奏会の一形式である独唱会または独奏会を表す音楽用語として使われている。たいていは,一人の演奏家主体となり,必要に応じて伴奏者(多くの場合ピアノ奏者1名であるが,その他の楽器や声楽アンサンブルにより数名が参加する場合もある)の出演で行われる。主体となる演奏家が2名ないし3名になる場合は,これを〈ジョイント・リサイタルjoint recital〉と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リサイタル【recital】

独唱会。独奏会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リサイタル
りさいたる
recital

独唱会、独奏会。ラテン語のrecito(朗読する)から生じた語で、詩の朗読会をさしていたが、のちに文芸や音楽などの1人で行う公開パフォーマンス(独演会)にも適用されるようになった。日本ではおもに音楽面で用いられ、演奏者1人(伴奏者を除く)の音楽会をさすが、今日では演奏者2~3人の小規模な音楽会もこの名称でよぶ傾向にある。また、複数の独奏(唱)者が合同で開くジョイント・リサイタルjoint r.の形式も存在する。なお、この語が独奏会の意で用いられた初例は、1840年6月9日ロンドンで開かれたリストのピアノ演奏会の予告においてであるといわれている。[アルバレス・ホセ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リサイタルの関連キーワードウィリアムソン:ピアノ・ソナタ第4番 ロ長調/piano soloマダム・フローレンス!夢見るふたりセルジオ・ダニエル ティエンポヴィヴィアナ ソフロニツキーコンスタンチン リフシッツアレクシス ワイセンベルクタマーシュ ヴァーシャリキャスリーン フェリアレオニダス カヴァコスエフゲニー キーシンレオン フライシャーユリア フィッシャーエマヌエーレ セグレジャニーヌ ヤンセンジョイントコンサートセレドニオ ロメロ松本記念音楽迎賓館ショーン ケナード東京オペラシティビショップ 節子

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リサイタルの関連情報