コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準割引率及び基準貸付利率 キジュンワリビキリツオヨビキジュンカシツケリリツ

1件 の用語解説(基準割引率及び基準貸付利率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きじゅんわりびきりつおよびきじゅんかしつけ‐りりつ【基準割引率及び基準貸付利率】

日本銀行金融機関に資金を直接貸し出す際の基準金利。基準となるべき割引率(基準割引率)及び基準となるべき貸付利率(基準貸付利率)として日本銀行法によって規定される。
[補説]預金金利等が公定歩合と連動していた規制金利時代には、公定歩合金融政策の代表的な政策金利として機能していたが、平成6年(1994)の金利自由化完了とともに連動性がなくなった。それに代わり無担保コールレート翌日物が日銀の政策金利として導入され、公定歩合は金融市場調節の誘導目標としてその上限の役割を示すことになった。公定歩合は政策金利としての意味合いをもたないという点から、平成18年(2006)8月、基準割引率及び基準貸付利率という名称に変更された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基準割引率及び基準貸付利率の関連キーワード手形市場ロンバート型貸出制度金融機関金融調節銀行信用買オペレーション貸出すタイボー(TIBOR:Tokyo Inter Bank Offered Rate)マネー・マーケット(Money market)日本銀行の緊急措置

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone