コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政策金利 セイサクキンリ

4件 の用語解説(政策金利の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいさく‐きんり【政策金利】

中央銀行(日本では日本銀行)が金融政策のねらいを示すために設定する短期金利。日本では無担保コールレート翌日物誘導目標金利(O/N Call Rate Target)のこと。この変動はコールレートだけでなく、預金、貸出金利長期金利などに影響を及ぼす。一般に、デフレ傾向のときは金利を下げて経済を刺激し、インフレ傾向のときは金利を上げて経済の過熱を抑える。→コール市場

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワイジェイFX用語集の解説

政策金利

一般的に金融政策をリードする中央銀行が決定権をもつ金利の事で決定した金利が経済状況に大きな影響を与える事から非常に注目されています。為替レートの大きな変動要因の1つです。

出典|ワイジェイFX株式会社
ワイジェイFX用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいさくきんり【政策金利】

市場の金利を実体経済に見合った水準に誘導するため、中央銀行が定める基準金利。 〔規制金利時代には公定歩合が代表的な政策金利であったが、1994 年(平成 6)に金利自由化が完了し、公定歩合と預金金利との直接的な連動性はなくなり、現在は公定歩合(基準割引率および基準貸付率)には政策金利としての意味合いはない〕 → 公定歩合

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政策金利
せいさくきんり
bank rate

景気や物価の安定といった金融政策上の目的で、中央銀行が操作・誘導目標とする金利。誘導目標金利ともよばれる。一般に、不況時は政策金利を下げることで経済を刺激し、好況時には政策金利を上げることで景気過熱やインフレを抑制する。政策金利の上げ下げ預金金利、貸出金利、住宅ローン金利長期金利などに影響を及ぼす。政策金利は国や地域によって対象が異なる。日本では、日本銀行が以前は公定歩合(現、基準割引率および基準貸付利率)を政策金利としていたが、1994年(平成6)の金利自由化により、無担保コール翌日物の金利を政策金利に採用した。アメリカでは連邦準備制度理事会FRB)がフェデラル・ファンド金利federal funds rateを政策金利としている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政策金利の関連情報