堀井利勝(読み)ほりい としかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井利勝 ほりい-としかつ

1911-1975 昭和時代の労働運動家。
明治44年1月18日生まれ。国鉄をへて,昭和10年釧路(くしろ)臨港鉄道にはいる。翌年労働組合を結成,初代委員長。31年私鉄総連委員長。41年太田薫の後をうけて総評議長に就任,高度経済成長期での合理化問題などに対処した。昭和50年3月29日死去。64歳。北海道出身。国鉄札幌鉄道教習所卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android