コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨港鉄道 りんこうてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨港鉄道
りんこうてつどう

本来は港湾施設に接続し,後背地の幹線鉄道と港湾を結ぶ鉄道。日本では次第にその意味が拡大され,臨海工業地帯のための鉄道も含めて臨港鉄道の名称が用いられるようになった。また 1962年以降,臨海工業地帯の鉄道建設と整備を促進するため,旧国鉄,関係地方公共団体,進出企業の共同出資による地方鉄道が各地に現れ,これを臨海鉄道と称する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

臨港鉄道の関連キーワード美濃部 洋次堀井 利勝田村 八二堀井利勝田村八二高浜市碧南市鶴見線臨港線埠頭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨港鉄道の関連情報