コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨港鉄道 りんこうてつどう

1件 の用語解説(臨港鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨港鉄道
りんこうてつどう

本来は港湾施設に接続し,後背地の幹線鉄道と港湾を結ぶ鉄道。日本では次第にその意味が拡大され,臨海工業地帯のための鉄道も含めて臨港鉄道の名称が用いられるようになった。また 1962年以降,臨海工業地帯の鉄道建設と整備を促進するため,旧国鉄,関係地方公共団体,進出企業の共同出資による地方鉄道が各地に現れ,これを臨海鉄道と称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨港鉄道の関連情報