コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨港鉄道 りんこうてつどう

1件 の用語解説(臨港鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨港鉄道
りんこうてつどう

本来は港湾施設に接続し,後背地の幹線鉄道と港湾を結ぶ鉄道。日本では次第にその意味が拡大され,臨海工業地帯のための鉄道も含めて臨港鉄道の名称が用いられるようになった。また 1962年以降,臨海工業地帯の鉄道建設と整備を促進するため,旧国鉄,関係地方公共団体,進出企業の共同出資による地方鉄道が各地に現れ,これを臨海鉄道と称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨港鉄道の関連キーワード宇品新幹線整備新幹線ベイエリア釧路港アイランドシティ(人工島)幹線鉄道網係留施設港湾後背地全国新幹線鉄道整備法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨港鉄道の関連情報