コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内誠之進 ほりうち せいのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀内誠之進 ほりうち-せいのしん

1842-1879 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)13年10月生まれ。土佐(高知県)郷士島村文蔵の次男。同郷の羽田恭輔らと国事に奔走。征韓(せいかん)論をとなえる丸山作楽(さくら)にしたがい,明治4年朝鮮渡航をくわだてて捕らえられ,終身禁固となる。西南戦争がおこると脱獄して西郷軍にはいるが,政府軍に自首し,明治12年10月獄死した。38歳。初名は安範,のち安春。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀内誠之進の関連キーワード愛宕通旭尊攘

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android