コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀口星眠 ほりぐち せいみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀口星眠 ほりぐち-せいみん

1923-2015 昭和-平成時代の俳人,医師。
大正12年3月13日生まれ。東京帝大在学中に水原秋桜子に師事し,昭和27年「馬酔木(あしび)」同人。51年「営巣期」で俳人協会賞。秋桜子没後「馬酔木」を継承し,59年「橡(とち)」を創刊,主宰。郷里群馬県安中市で医院をひらく。自然を清新な句によみ,高原派とよばれた。平成27年2月2日死去。91歳。本名は慶次。句集はほかに「火山灰の道」「樹の雫」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の堀口星眠の言及

【馬酔木】より

…その秋桜子のもとに,感情を抑制した《ホトトギス》の写生句にあき足らない俳人たちが参集,高屋窓秋(1910‐ ),石田波郷ら有力な新人も登場し,《馬酔木》は,当時の俳句革新運動の拠点となった。81年,秋桜子が死去,堀口星眠(1923‐ )が継承した。【坪内 稔典】。…

※「堀口星眠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀口星眠の関連キーワード馬酔木(俳句雑誌)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android