コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀口星眠 ほりぐち せいみん

1件 の用語解説(堀口星眠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀口星眠 ほりぐち-せいみん

1923-2015 昭和-平成時代の俳人,医師。
大正12年3月13日生まれ。東京帝大在学中に水原秋桜子に師事し,昭和27年「馬酔木(あしび)」同人。51年「営巣期」で俳人協会賞。秋桜子没後「馬酔木」を継承し,59年「橡(とち)」を創刊,主宰。郷里群馬県安中市で医院をひらく。自然を清新な句によみ,高原派とよばれた。平成27年2月2日死去。91歳。本名は慶次。句集はほかに「火山灰の道」「樹の雫」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の堀口星眠の言及

【馬酔木】より

…その秋桜子のもとに,感情を抑制した《ホトトギス》の写生句にあき足らない俳人たちが参集,高屋窓秋(1910‐ ),石田波郷ら有力な新人も登場し,《馬酔木》は,当時の俳句革新運動の拠点となった。81年,秋桜子が死去,堀口星眠(1923‐ )が継承した。【坪内 稔典】。…

※「堀口星眠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀口星眠の関連キーワード鷹羽狩行岡田日郎鈴木鷹夫成瀬桜桃子波多野爽波村沢夏風森田峠山田みづえ鷲谷七菜子西村和子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀口星眠の関連情報