コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬酔木 あしび

16件 の用語解説(馬酔木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬酔木
あしび

短歌雑誌。 1903年6月~08年1月。根岸短歌会発行。通巻 32冊。正岡子規の死後,その門下の機関誌として伊藤左千夫の主唱で始められた。香取秀真 (ほつま) ,岡麓,蕨真 (けっしん) ,長塚節 (たかし) ,森田義郎,平子鐸嶺,安江秋水,結城素明らが左千夫とともに初期の編集同人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

馬酔木
あしび

俳句雑誌。 1928年7月創刊。長谷川かな女,池内たかしらの指導による『破魔弓』 (1922年4月創刊) を改題したもので,29年より水原秋桜子が主宰。同誌に秋桜子が『自然の真と文芸上の真』 (31) を掲げて主観の強調,情感の流露を主張して以後,客観写生をよしとする高浜虚子らの『ホトトギス』派と対立,これが新興俳句運動の契機となって 35年山口誓子の参加を呼び,石田波郷加藤楸邨 (しゅうそん) ,高屋窓秋石橋辰之助橋本多佳子,滝春一,加藤かけいらが輩出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしび【馬木】

アセビの別名。 春》
[補説]書名別項。→馬酔木

あしび【馬酔木】[書名]

短歌雑誌。明治36年(1903)創刊。明治41年(1908)廃刊。伊藤左千夫編集。正岡子規没後の根岸短歌会の機関誌。→アララギ
俳句雑誌。昭和3年(1928)「破魔弓(はまゆみ)」を改題して創刊。水原秋桜子主宰。山口誓子加藤楸邨(しゅうそん)石田波郷らが参加。新興俳句運動の口火を切った。

あせび【馬木】

ツツジ科の常緑低木。乾燥した山地に自生。早春、多数の白い壺(つぼ)形の花が総状につく。有毒。葉をせんじて殺虫剤にする。「馬酔木」は、馬がこの葉を食べると脚がしびれて動けなくなるのによる。どくしば。あしび。あしみ。あせみ。あせぼ。 春》

あせぼ【馬木】

アセビの別名。

あせみ【馬木】

アセビの別名。

ばすい‐ぼく【馬酔木】

アセビの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

馬酔木【あしび】

(1)短歌雑誌。1903年―1908年通算32号。根岸短歌会の機関誌で,正岡子規没後伊藤左千夫らが創刊。浪漫派短歌に対抗,写実と万葉調を守り《アララギ》の基礎となった。
→関連項目加藤楸邨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あしび【馬酔木】

(1)明治時代の短歌雑誌。1903年(明治36)6月創刊,08年1月終刊。第4巻3号まで全32冊。正岡子規の没後,根岸短歌会の機関誌として門下が創刊。編集同人として伊藤左千夫,長塚節,岡麓などが名をつらねたが,実質的には発行所を自宅におく左千夫が中心であった。子規の遺業をうけて写実と万葉主義とを主唱,それは島木赤彦斎藤茂吉古泉千樫ら新人層により,大正期の《アララギ》で大きな結実を見せた。あとは《アカネ》にひきつがれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしび【馬酔木】

アセビの別名。

あしび【馬酔木】

短歌雑誌。1903年(明治36)創刊、1908年廃刊。伊藤左千夫中心の根岸短歌会の雑誌。長塚節・島木赤彦・斎藤茂吉らが寄稿。万葉調の歌風を樹立。「アカネ」「アララギ」へと継承された。
俳句雑誌。水原秋桜子が、自ら主宰する「破魔弓はまゆみ」を1928年(昭和3)に改題したもの。

あせび【馬酔木】

ツツジ科の常緑の大形低木。関東以西の山野に自生し、庭木ともする。早春、壺形つぼがたの白い小花を枝先に総状に多数つける。有毒で、馬が食べると麻酔状態になるというので「馬酔木」と書く。葉は殺虫剤に、材は細工物にする。アセボ。アシビ。アセミ。アシミ。 〔「馬酔木の花」は [季]春〕

あせぼ【馬酔木】

アセビの別名。

あせみ【馬酔木】

アセビの別名。

ばすいぼく【馬酔木】

アセビに当てた「馬酔木」の字を音読みにした語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の馬酔木の言及

【伊藤左千夫】より

…98年から新聞《日本》に評論を投稿,1900年1月,子規選募集短歌に歌が選ばれたのを機に,正岡子規に師事,子規庵の歌会に出席して作歌に励んだ。子規没後,根岸短歌会の機関誌《馬酔木(あしび)》を03年に創刊し,根岸派の存在を世に問うた。そのころの歌風は《万葉集》を尊重し,写実的詠風を求めた。…

【水原秋桜子】より

…30年には第1句集《葛飾》を上梓,みずみずしい抒情世界は青年俳人を魅了し,新興俳句の口火となり,石田波郷,加藤楸邨らの俳人を育てた。しかし主観や抒情を重んじる傾向は虚子の客観写生と対立,31年主宰誌《馬酔木(あしび)》に論文〈自然の真と文芸上の真〉を発表して《ホトトギス》を離脱した。35年有季定型の立場をとり,以後《馬酔木》により俳壇の重鎮として俳句の発展に尽力した。…

※「馬酔木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬酔木の関連キーワード長谷川かな女長谷川零余子長谷川夜伯長谷川玉粹沢本知水層雲長谷川宗也万緑投句長谷川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬酔木の関連情報