コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀小多満 ほり こたま

1件 の用語解説(堀小多満の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀小多満 ほり-こたま

1876-1941 大正-昭和時代前期の小唄演奏家。
明治9年生まれ。もと芸妓で東京向島で小たまと称した。のち新橋にうつり,哥沢芝加葉満(うたざわ-しがはま)を名のる。横山さきに師事。大正5年小唄稽古所をひらき,6年堀派をおこし,小唄家元第1号となる。12年大阪で出稽古をはじめた。昭和16年2月23日死去。66歳。本名はたま。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀小多満の関連キーワード治安維持法日米交渉秋月の乱スラブ音楽アフリカ文学陥没カルデラロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone