横山さき(読み)よこやま さき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山さき よこやま-さき

1863-1919 明治-大正時代の小唄演奏家。
文久3年生まれ。もと東京芳町の芸妓で小芳を名のり,清元お葉に師事する。帝国ホテル支配人横山孫一郎の後妻となる。夫の死後,大正4年小唄稽古所をひらき,江戸小唄の正統をつたえた。門下に初代田村てる,堀小多満(こたま)ら。大正8年2月11日死去。57歳。江戸出身。旧姓は古橋。本名はサキ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android