出稽古(読み)デゲイコ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 音曲・舞踊など芸事の師匠が、自宅ではなく先方へ出向いて教えること。出張して教えること。出教授。⇔内稽古
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)三「山谷より婦多川へ出(デ)げいこにて」
② 相撲で、力士が自分の所属する部屋からよその部屋へ出向いて稽古すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出稽古の関連情報