コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀成子 ほり なりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀成子 ほり-なりこ

1785-1853 江戸時代後期の歌人。
天明5年生まれ。徳島藩主松平治昭の妹。信濃(しなの)(長野県)飯田藩主堀親寚(ちかしげ)と結婚。桜井知栄尼(ちえいに),のち多田千枝子にまなぶ。能書家としても知られ,飯田市に「むかし誰うえそめてかくいとさくらいとなかく世にたえぬかをりそ」という歌碑がある。嘉永(かえい)6年8月27日死去。69歳。通称は阿波御前。号は桂珠院。名は「しげこ」ともよむ。

堀成子 ほり-しげこ

ほり-なりこ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀成子の関連キーワードベルトレ徳川家慶三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android