コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田沙羅 ほった しゃら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田沙羅 ほった-しゃら

1748-1816 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延元年生まれ。江戸の町奉行所与力。大島蓼太(りょうた)の門人となり,安永4年師の口述を筆録した連句手引書「附合小鏡(つけあいこかがみ)」を刊行。追善集に「沙羅句集」がある。文化13年11月死去。69歳。江戸出身。通称は六左衛門。別号に牛歌,牛家,沙羅庵玄樹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀田沙羅の関連キーワード俳人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android