大島蓼太(読み)おおしま りょうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島蓼太 おおしま-りょうた

1718-1787 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)3年生まれ。雪中庵2代桜井吏登(りとう)に入門,延享4年雪中庵3代をつぐ。松尾芭蕉ゆかりの地を吟行した。俳書をおおく編集し,門人は3000人をこえた。天明7年9月7日死去。70歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は吉川。名は陽喬。通称は平助。別号に宜来,老鳥,豊来など。編著に「芭蕉句解」「雪おろし」など。
【格言など】世の中は三日見ぬ間に桜かな(「蓼太句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大島蓼太

没年:天明7.9.7(1787.10.17)
生年:享保3(1718)
江戸中期の俳人。信濃国(長野県)伊那郡大島の人。名は陽喬。通称,平助,また平八。別号,雪中庵,老鶯巣,空摩など。御用縫物師。23歳のとき桜井吏登(服部嵐雪門,雪中庵2世)に入門。その後剃髪し,奥羽,上方などを行脚,延享4(1747)年,30歳にして雪中庵を継承,3世となる。寛延4(1751)年,葛飾派の溝口素丸らと『続五色墨』の盟約を結び,江戸座(其角系)宗匠連の『江戸廿歌仙』(1745)を批判した『雪おろし』(写本で伝えられる)の講述をなす。宝暦年間(1751~64)から選集活動は活発化,着々と俳壇に地歩を占めた。生涯に行脚すること三十余度,編集にかかわった俳書二百余,免許した判者四十余,門人三百余と伝える一大勢力を誇示するに至った。清濁あわせ呑む円満な性格で,貴顕の愛顧を得るなど経営の才にも優れていた。江戸座や他の中興諸家とは対照的に平明な炭俵調を尊重,特に連句に手腕をみせた。発句集に『太句集』(1~3編)があり,「五月雨やある夜ひそかに松の月」など巧緻な作意,趣向による句が多い。芭蕉の顕彰・注釈事業にも功があった。明治28(1895)年,正岡子規が「俳諧一口話」(『獺祭書屋俳話』)で「俗気紛々たる句多し」と評して以来,そうした蓼太評が一般化したが,中興俳壇に果たした役割は与謝蕪村以上に大きい。<参考文献>中村俊定「大島蓼太」(明治書院『俳句講座』3巻)

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおしまりょうた【大島蓼太】

1718~1787) 江戸中期の俳人。本名、吉川陽喬。信濃の生まれ。雪中庵二世吏登に師事し、のち三世を継ぐ。江戸座に対抗し、一大勢力を築く。著「雪おろし」「芭蕉句解」「蓼太句集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島蓼太
おおしまりょうた

[生]享保3(1718).信濃,伊那大島
[没]天明7(1787).9.7. 江戸
江戸時代中期の俳人。本名,吉川陽喬。通称,平助。別名,蓼太郎,雪中庵,宜来など。若い頃江戸に出て藤屋平助と称し幕府御用の縫物師となった。俳諧は桜井吏登 (りとう) 門。『続五色墨』 (1751) で基礎を固め,論書『雪おろし』 (51) において江戸座宗匠を批判し,江戸俳壇に確固たる地位を占めた。東西に旅行すること 30度,編著 200部,門人 2000人,俳諧史上稀有の名声を得た。一方芭蕉の資料紹介や注釈にも尽力した。作風は平明。『蓼太句集』 (77) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android