堀部因入(読み)ほりべ いんにゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀部因入 ほりべ-いんにゅう

?-? 江戸時代前期-中期の囲碁棋士。
美濃(みの)(岐阜県)の人。4世本因坊道策(ほんいんぼう-どうさく)の門下で5段となる。のち4世井上因碩(いんせき)の門にはいり,宝永(1704-11)のころ上手(じょうず)(7段)にすすむ。本因坊道知と4世因碩が「伝信録」を編集した際,高橋友碩(ゆうせき)とともに作業にしたがった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android