コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱養清 ついしゅよんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆朱養清
ついしゅよんぜい

江戸時代中期の漆工堆朱の名工。享保年間 (1716~36) に江戸で活躍。姓は不詳。将軍家の印籠 (いんろう) 師と伝えられる。堆朱楊成と音が通じるのを避けて「よんぜい」と自称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱養清 ついしゅ-ようせい

?-? 江戸時代中期の彫漆(ちょうしつ)工。
江戸にすむ。享保(きょうほう)(1716-36)のころ活躍。幕府の彫漆工楊成と名前の音がおなじなのをきらい「よんぜい」と自称したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android