コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫漆 チョウシツ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しつ〔テウ‐〕【彫漆】

幾層にも塗り重ねた漆に文様などを彫刻する技法。堆朱(ついしゅ)堆黒などの類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

彫漆【ちょうしつ】

中国,宋代以後盛行した漆工の一技法。金属や木などの胎の上に漆を厚く塗り重ね,文様,絵柄を彫りつけるもので,堆朱(ついしゅ),堆黒などの技法がある。
→関連項目鎌倉彫漆器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしつ【彫漆】

漆器の加飾技法の一つ。器形を構成する素地(きじ)(胎)は,一般に木材を用いる場合が多いが,金属胎や磁胎,乾漆胎もある。技法は,素地の表面に漆を数十~100回あまり塗り重ねて適当な厚さにした漆層に刀で文様を浮彫状に表したもの。漆の色や文様の違いによって,堆朱(ついしゆ),堆黒,堆黄,屈輪(ぐり),彫彩漆(紅花緑葉)などの名称で呼ばれる。これらは元来中国で盛んに行われたもので,中国では堆朱を剔紅(てきこう),堆黒を剔黒,堆黄を剔黄,紅花緑葉を剔彩ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうしつ【彫漆】

陶器・金属または木地に厚く漆を塗り重ねて、その上に彫刻を施す技法。堆朱ついしゆ・堆黒ついこくなどがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の彫漆の言及

【漆工芸】より

…おもなものには青海波塗,津軽塗,竹塗,七子塗,紫檀塗,石目塗がある。 加飾法には蒔絵沈金螺鈿(青貝),彫漆,箔絵,錆絵(さびえ),漆絵蒟醬(きんま),平脱(平文(ひようもん)),堆錦(ついきん),密陀絵などがある。それぞれ,時代や地域によって多くの種類が生み出された。…

※「彫漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彫漆の関連情報