コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成 ついしゅようぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆朱楊成
ついしゅようぜい

漆工芸の堆朱の技法を伝えた家系。初代長允は足利家に仕え,延文5 (1360) 年,日本で初めて堆朱を作ったと伝えられる。中国,元代の堆朱の名手,張成と楊茂の名を取って楊成と称し,その子孫は代々堆朱楊成を襲名し,彫り物を工夫して,明治維新で廃業するまで江戸幕府に仕えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ついしゅ‐ようぜい〔‐ヤウゼイ〕【堆朱楊成】

室町時代以降、堆朱の技法を伝えた家系の世襲名。足利義詮(よしあきら)に仕えた長充(ちょうじゅう)が中国の元代の名工張成・楊茂の一字をとって楊成と称したのに始まる。明治から昭和にかけて20代まで業を伝えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堆朱楊成【ついしゅようぜい】

室町〜明治時代の漆工一門。代々堆朱を得意とした。初世長充は,京都に住んで足利家に仕え,1360年日本で初めて堆朱を制作したと伝えるが,確証はない。8世長宗〔?-1654〕の時,江戸に移り,10世長是〔?-1719〕は徳川綱吉に仕えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ついしゅようぜい【堆朱楊成】

堆朱の技法を伝えた家系。始祖は名を長充といい,足利義詮の命で延文年間(1356‐61)にはじめて堆朱をつくったといわれる。楊成とは中国元代の名工張成と楊茂の1字をとって名づけたもので,以後代々,堆朱楊成を襲名した。しかし日本における堆朱製作の始祖は,一方で文明年間(1469‐87)に活躍した京都住人の門入(もんにゆう)ともいわれ,明らかではない。《蒔絵師伝》によれば,門入の業を継いだ堆朱平十郎が慶長年間(1596‐1615)徳川家に仕え,江戸神田小柳町に住むとあり,一説では平十郎を8代堆朱楊成長宗にあてる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堆朱楊成
ついしゅようぜい

室町時代以降、堆朱の技法を伝えた家系の世襲名。南北朝時代初期の延文(えんぶん)年間(1356~61)足利義詮(あしかがよしあきら)に仕えた長充(ちょうじゅう)を始祖とする。その作品が中国元(げん)代の彫漆(ちょうしつ)の名工張茂の作に劣らぬということから、両者の一字をとって、その子孫も代々楊成を名のった。2代長辰、3代長貞、4代長嗣、5代長繁、6代長房と続き、7代長親は豊臣(とよとみ)秀吉に仕えて茶器を制作、のち鎌倉に移住した。8代長宗は江戸の神田(かんだ)小川町に住んで徳川家に仕えたが、青貝を用いたその作品は鎌倉堆朱とよばれ、堆朱平十郎と同一人とも考えられている。9代は長善。10代長是が綱吉の堆朱師として幕府細工所に召し出されてからは代々徳川家の御用を勤めて18代国平まで続いたが、明治維新で中絶、19代経長(18代の長男好三郎)が再興を図って弟の豊五郎(1880―1952)に引き継いだ。豊五郎は1896年(明治29)に20代を襲名、1949年(昭和24)芸術院会員となり、内外の展覧会に新たなくふうを加えた作品を出品するなどして大いに活躍した。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堆朱楊成の関連キーワード堆朱楊成(20代)堆朱楊成(19代)堆朱楊成(16代)日光東照宮8月28日堆朱養清漆工芸印籠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android