コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆積残留磁気 たいせきざんりゅうじきdepositional remanent magnetization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆積残留磁気
たいせきざんりゅうじき
depositional remanent magnetization

DRMと略す。磁気を帯びた粒子が外部磁場中で沈殿,堆積するとき,外部磁場の方向に粒子が統計的に配列する。このようにして堆積物全体は外部磁場と平行な残留磁気をもつ。これを堆積残留磁気という。多くの堆積岩残留磁化は,その中に含まれる強磁性鉱物粒子が地球磁場中で沈殿,堆積したときに得た堆積残留磁化であるといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいせき‐ざんりゅうじき〔‐ザンリウジキ〕【堆積残留磁気】

堆積残留磁化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

堆積残留磁気の関連キーワード古地磁気

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android