コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤信遠 つつみ のぶとお

朝日日本歴史人物事典の解説

堤信遠

没年:治承4(1180)
生年:生年不詳
平安末期の武士。堤権守と称した。「すぐれたる勇士」であったといい,治承4(1180)年源頼朝の挙兵に当たって最初の攻撃目標となった山木兼隆の後見であり,山木の館の北方に住した。兼隆攻撃に先立って佐々木定綱・経高・高綱らのために討たれた。『吾妻鏡』は,このとき佐々木経高の放った矢を「源家,平氏を征する最前の一箭也」と記す。

(西村隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

堤信遠の関連キーワード源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android