鎌倉大日記(読み)かまくらおおにっき

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらおおにっき【鎌倉大日記】

1180‐1589年(治承4‐天正17)にわたる年表風の年代記。1巻。関白将軍,執権,六波羅探題,管領関東公方関東管領,政所および問注所執事について,歴代人名を記して官名,世系等を注記し,各年の重要事件もあわせて記載する。作者,成立年代ともに不詳であるが,南北朝末ごろに成立し,以後書き継がれたものという。1180‐1580年分が,1937年頼朝会から翻刻され,《増補続史料大成》にも収められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android