堤松左衛門(読み)つつみ まつざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤松左衛門 つつみ-まつざえもん

1839-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年生まれ。肥後熊本藩士。宮部鼎蔵(ていぞう)にまなび,文久2年江戸で佐幕派の同藩士横井小楠(しょうなん)を安田喜助や黒瀬一郎助らとともに殺そうとして失敗する。これを恥として,文久3年3月28日自刃(じじん)した。25歳。名は義次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android