報土(読み)ほうど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報土
ほうど

仏教用語。に応じて報われる国土。 (1) 果報土ともいい,生きとし生けるものが,みずからの行為によって次のに受ける国土。 (2) 実報土ともいい,修行時代の菩薩が立てた誓願によって成就される浄土のこと。たとえば極楽などがこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ど【報土】

〘名〙 仏語。報身仏が住む浄土。
※往生要集(984‐985)大文一〇「是報仏報土」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android