堺善平(読み)さかい ぜんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堺善平 さかい-ぜんぺい

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者,浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂道頓堀(どうとんぼり)の芝居茶屋の主人。初代並木正三に師事。明和5年(1768)大坂三桝座の立作者(たてさくしゃ)として登場。8年浄瑠璃作者に転じ,近松半二らと合作。作品に歌舞伎「けいせい邯鄲枕(かんたんのまくら)」,浄瑠璃「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」などの合作がある。別名に堺谷善平,堺井善平,栄善平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android