堺浦合戦(読み)さかいのうらかっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堺浦合戦
さかいのうらかっせん

石津の合戦ともいう。南北朝時代初期の延元3=暦応1 (1338) 年5月,北畠顕家高師直 (こうのもろなお) との和泉堺浦および石津川での戦い。顕家は敗死し,南朝方に打撃を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android