塁を摩する(読み)るいをまする

精選版 日本国語大辞典「塁を摩する」の解説

るい【塁】 を 摩(ま)する

① 敵のにま近く迫る。〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② ほとんどそれと同等の地位・技量に達しようとする。匹敵する。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「大道に出る豆蔵の塁を摩して雄を争ふも可なりといふ程では有るが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android