コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆蔵 マメゾウ

デジタル大辞泉の解説

まめぞう〔まめザウ〕【豆蔵】

江戸時代、手品・曲芸やこっけいな物まねなどをして銭を乞うた大道芸人。
軽薄なおしゃべりをする人をののしっていう語。
非常にからだの小さい男をいう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まめぞう【豆蔵】

大道芸の一種。滑稽な身ぶりや口上で手品曲芸をし,銭をうた大道芸人をいう。《嬉遊笑覧》に,〈放下師を今は豆蔵といふ,《斎諧俗談(さいかいぞくだん)》といふ物に,貞享元禄(1684‐1704)の頃,摂津国に一人の乞士あり名を豆蔵といふ,市中に出て常に重きものをささげて銭を乞ふ……〉とあり,大坂市中で豆蔵という者が腹の上に臼を置いて餅をつかせたり,鎗(やり)を鼻の先に立てるなどの曲芸をして人気があったらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まめぞう【豆蔵】

元禄(1684~1704)頃の手品・曲芸をよくした大道芸人の名。後、大道手品師や手品芸の別名ともなった。文政(1818~1830)期に上野・両国の広小路で徳利と豆を使った芸を見せた芸人が有名。
おしゃべりの人。
きわめて背の低い男。小人。 「大女房・-・両頭の亀/浮世草子・名残の友 4
釣り合い人形の別名。また、これを図案化した紋章。やじろべえ。
袖のある、桐油紙の合羽。着た姿がに似ることからいう。豆蔵合羽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の豆蔵の言及

【弥次郎兵衛】より

…享保(1716‐36)ころの浮世絵にもすでに登場しているが,名称の語源は与二郎という門付(かどづけ)が,笠の上でこれを舞わして見せて銭をもらい歩いたのが始まりという。与二郎兵衛,与二郎人形からさらに弥次郎兵衛,弥次郎人形,釣合い人形,水汲み人形,豆蔵などさまざまな名がつけられた。また正直正兵衛とも呼ばれたが,これはユラユラ揺れ動きながらも,つねに直立に立とうとする姿に由来する。…

※「豆蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豆蔵の関連キーワードジェイエムテクノロジー豆蔵ホールディングス伊豆蔵屋喜兵衛野呂 粕次郎おしゃべりやじろべえ弥次郎兵衛浮世草子江戸時代一寸法師伊勢商人御所人形大道芸桐油紙物まね広小路両頭別名忠七紋章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android